お知らせ, 新着情報, 頑張ってます、公園づくり

期間限定のトライアルオープン決定しました。

もりのこうえんが、夏休み期間中に、
一部の施設をオープンすることが決定いたしました。

1週間の期間限定トライアルオープンです。

今決定していることは

・もりのジップライン
・もりの休憩所
・もりの散歩道
・もりのあそび場

などです。

最新情報はFacebookを要チェック!

勉強会

captain’s セミナーを開催いたしました。

2018年9月14日

早稲田大学経済学部の学生と教授の合わせて30人程の皆さんに向けて
「再エネ・地域社会・地域経済」という内容のプチセミナーを開催いたしました。

ゲストパネラーとして伊豆の国市の谷氏をお招きし、CO2の観点からの再エネの話などを伺いました。

いよいよセミナースタートです。
captainの話にも熱が籠ります。
活発な意見が飛び交います。
事前に頂いていた質問にもお答えしました。

 

ご参加頂きました早稲田の学生・教授・メディアの方々。

お疲れ様でした。

 

セミナーの資料はこちら(pdfファイルが開きます)

ゲストパネラー谷氏のブログはこちら
LED電球・照明の亀石屋

お知らせ, 頑張ってます、公園づくり

トレイルコースの視察に行ってきました。

トレイルコースのアイデア仕込みのため、スタッフ数人で現地の山を視察いたしました。

視察には、もりのこうえん顧問で森林総合監理士の小森氏、トレイルビルダーの浦島氏ほか、スタッフの面々が同行いたしました。

暑いですが、頑張りま〜す
さぁ、元気を出していきますか!

たくさんの面白いコンテンツ進行中。
もりのこうえんを宜しくお願いします。

お知らせ, 勉強会, 新着情報

スタッフミーティングを行いました。

ようやく宅地造成許可が下り、お盆明けから本格工事開始にあたり
地元スタッフ&話を聞きたいという方を集めての第一回ミーティングを行いました。

代表岩渕の挨拶
興味深い話が続きます。
お揃いTシャツで、「ハイチーズ」

スタッフ一同気持ちを新たに頑張っていく所存ですので、これからも宜しくお願いいたします。

お知らせ, 新着情報

放送されたコメントについて

5月31日静岡朝日テレビにて放送されました当社もりのこうえん代表岩渕のコメントに補足いたします。

私は「法律」が絶対的に、常に、かつ永遠に「正しい」とまでは思っていません。
しかし、現実に今その「法律」「ルール」があるのなら、それを守らなければならない、と思うのです。
「正しくない」と思われる「法」は改めていくべきとも思うのです、改められるまでは、現状の「法」に従うべきだ、という思いです。


この発言は、私の行動の出発点に関して述べたものです。

若い頃に、設計事務所及び不動産業などを経営していた経験と昨年静岡県庁にて森林法の説明を受けたことなどを勘案して許認可は下りると判断したのであります。
もちろんそのためには、事業者が「変更」等の指導に従うことが条件であります。
コンプライアンスに厳しい事業者である事も分かりました。
で、「許認可は下りる、事業はやられる」のであれば、伊東市、地域に対して何をして頂けるのか? と、事業者への要求、交渉を始めたのです。


この言葉を捉えて、「私有地だから何をしてもいい、というのは間違っている」など、およそ「お前のかぁさん出べそ」的レベルの反応には残念で仕方がありません。

前述のとおり私有地であったとしても、様々な法による規制があり、制限されることが多々あります。
それらを踏まえたうえで、地域として、住民として意見、要望等を含めて意思表明することは自由であり大切なことでもあると考えます。
しかしそこにはある一定の限度、一線があるのではないでしょうか?
要求したり主張する行為に権利はあるとしても、要求もしくは主張する内容は制限される場合もあるのではないでしょうか。



もちろん「絶対に・・」などと言い切れるものではないかもしれません。
当該メガソーラー事業はご存知のように「FIT法」により売り上げが保証されている事業です。

注)注釈を付け加えるならば、私自身は「FIT法」を是とはしていません。未整備のままスタートした法であることは誰もが知るところではあると思います。

さて、事業者が売電開始後は年間約1億円の税収入が見込まれています。{その内市税は7,000万円前後}20年間継続して納付されるでしょう。その納税額の大きさをどのように捉え、考えるのかということです。現在の伊東市における財政規模を考慮すると、その額の大きさは貴重な財源と成り得るのではないでしょうか!
そしてそのような規模の企業誘致は今後あり得ない、と私は思っています。



私は太陽光発電事業者に対して、「この地で事業をやるならば」ということで様々な要求をしてきました。私ども(株)もりのこうえんが作ろうとしている「森の公園」への全面的な協力もそのひとつの結果です。
事業用地の半分以上を占める残置森林の開放も快諾していただきました。もちろん事業者の伊東市への本店移転による納税効果も約束されました。
その他諸々ありますが、FIT法による売電終了後についても協議を始めています。
事業用地全体を無償にて市へ譲渡も前向きに検討中であります。

それにより、パネル撤去後の敷地を自由に使えることとなり、欧米にあるような「ボールパーク」なども視野に入ってきます。
もしくは、パネルをそのままにして売電収入を得ることも可能ではないでしょうか?

私の試算では年間五億円ほどの収入となります。5年間ほどその資金をプールして「ボールパーク」建設資金にすることも可能でしょう。あくまでもパネル撤去費用は別途、事業者によって確保プールされています。

そう、20年先、またその先の、次の世代を見据えることも必要だと思うのです。


「止めてどうするんですか?」この問いは私自身への問でもあるのです。
仮に事業者に対して、この太陽光発電事業を断念、中止させることが出来たとしたら私には何ができるのだろう?
仮に、その重い決断を事業者から得たとしたら、私はどうすればいいのだろう?
何をしなければならないのだろう?
考えてはいるのですが現時点では無策です、何もできません。

結果として私と同じ結論でも構いませんが、反対を叫んでいる方々に是非考えてもらいたいのです。「止めてどうするんですか?」


以上、当社もりのこうえん代表岩渕のコメント補足です。

もっと詳しく話しを聞きたい方は、こちらまでお気軽にお問合せください。

お知らせ, 新着情報

新聞に報道されました希少種野鳥「ミゾゴイ」について

お知らせとお願いです。
希少種といわれる「ミゾゴイ」が当公園の近くで保護されたとの報道がありました。

私どもは隣接する太陽光発電事業者と協力して以前より当該野鳥に関して環境調査会社に依頼してその保護に努めてきています。

もちろん、県の担当部署等にての協議及び指導を受けて適切な対応を心掛けてきています。

営巣地は、まさしく私どもの公園敷地内であります。

したがって太陽光発電事業者に対しても「巣立ち」までの協力を要請し快く受け入れてくださいました。

希少種ということでご興味は多々あるとは思いますが、当該用地への無断立ち入りは厳に慎まれることをお願いいたします。

尚、要望があればできうる限り対応いたしますので公園入口の仮事務所にお越しいただくかメール、メッセージ等であらかじめご連絡下さい。(月~金・10時~15時)

もりのこうえん    代表 岩渕寛二

お知らせ

パークゴルフ場について

森のこうえんに出来るパークゴルフ場を、日本パークゴルフ協会様公認コースにするために活動しておりますが、この度嬉しいお知らせが届きました。

 

まだまだ始まったばかりではありますが、スタッフ一同頑張っております。

以上、お知らせでした。

頑張ってます、公園づくり

スタッフミーティング&現地見学会を行いました。

本日総勢12名のスタッフとともに、公園予定の現地見学会を行いました。

今回の見学会は、詳細な図面を見ながらのかなり具体的な内容です。
森林総合管理士である小森氏にも再度ご参加頂きまして、大変有意義な見学会を行うことができました。

 

勉強会

公開学習会は無事終了いたしました。

2/16(金)16:00より伊豆高原 CafeBeにて、NPO法人 まちづくり支援センター 代表理事であり、初代の国土交通省「地域公共交通マイスター」を勤められた為国孝敏氏を講師に招き、公開学習会を開催いたしました。

お忙しい中たくさんの方にご参加頂きまして、ありがとうございました。

2/16日開催された公開学習会の模様
2/16日開催された公開学習会の模様
お忙しい中ご参加くださった皆様、ありがとうございました。